当サイトでは広告表示される場合があります。

SNSでの「がんばって」はカン違いされやすい。あの韓国語に言い換えよう!

Tommy

もうすぐ受験だね、ガンバって!

Tommy

明日のテスト がんばって!

塾講師であるボク。

よく そうやって、生徒に声をかけていました。

しかし今は、ちょっと違った声援を送るようにしています。

また、特にTwitterなどのSNS。

そこでは、基本的に「がんばって」は使いません。

  • それは なぜか?
  • では、どんな言い方をしているのか?

そのような事を、今回は取り上げてまいります!

「がんばって」は他人事?

まずSNSは、基本的に「文字だけ」のやり取りです。

相手の表情や状況など、一切わかりません。

そのため、つねに誤解が生まれやすい状況となっています。

では試しに、以下のような文を見てみましょう。

Tommy

勉強 がんばって

文字だけに注目してみると…

とみぃ

なんか怖くないですか?笑

ほんとに応援してくれてる?みたいな。

「他人事」のようにも感じますね。

ビックリマークや絵文字があれば、また違うのかもしれません。

しかし、付けずに送る人も たくさんいます。

  • めんどくさい。
  • これでも別に伝わるだろう。

そういった理由から、いまの若い人は付けないことが多いみたいです。

とみぃ

ぼくの友達も あまり付けない派が多いので、よくビックリしてました…笑

そして、先ほどの「がんばって」という言葉。

たとえビックリマークなどを付けたとしても…

状況によっては、他人事のように感じ取れてしまいます。

あのコトバに言い換える

では、どうすれば誤解されにくいのか?

それは、

とみぃ

がんばろう!

と、言い換えてみるんです。

そうすると、

  • 寄り添ってくれている。
  • 一緒にガンバる気持ちになる。
  • 近くで見守ってくれる感がある。

など、相手に「安心感」を与えます。

逆に言われたら、そう感じるはずです。

また、

とみぃ

ファイティン!

も良いでしょう。

これは韓国語で「ファイト」「がんばれ」という意味です。

Tommy

いや、がんばれ!と同じやん…笑

そう思われるかもしれません。

しかし、

  • 外国語である。
  • 音の響きがカワイイ。

そういった理由から、意外と好まれています。

とみぃ

若者言葉としてもハヤっているくらいですからね!

なのでボクは、とくに後者を用いて…

生徒に積極的に声をかけるようにしています!

印象アップにつなげるコツ

以上、この記事の内容を3行で まとめると、

  1. とくにSNSでの「がんばれ」は、他人事のように感じやすい。
  2. 「がんばろう!」に置き換える。
  3. 若者言葉としてハヤっている「ファイティン!」もOK。

でしたが、いかがだったでしょうか?

ぼくはTwitterでも「ファイティン」を多用しています!

おかげで反応率アップに繋がったよう感じます。

また、実際に声をかけるときは、

とみぃ

自分も〇〇でガンバるから…

を付け足すといいですよ!

人は、はじめに言われた「理由」。

それよりも「結論」を重視する特徴があります。

前フリと一緒。

あとに言われたことを、より意識するように なります。

  • あっ、本気で応援してくれているんだな。

そう感じてくれることでしょう。

さらに、腕を曲げる。

「ファイティンポーズ」を取ることも忘れずに。

より伝わりやすくなりますからね!

とみぃ

最後まで お読みいただき、ありがとうございました!

つぎに繋がる記事はコチラ!

フリーランスの強い味方!

  • 与信審査:不要。
  • 利用金額:上限なし。
  • 初期費用・年会費:無料。
  • ポイント還元:1〜3%+α。
  • 関連サービスとのリアルタイム連携可能。

キャッシュレスによる業務効率化を推進!

この記事を、同じく悩んでいる人へシェアしよう!
ABOUT US
とみぃAIアーティスト
・27歳、男性、フリーランス塾講師。
・保有資格:4つ、電子書籍:3冊出版。
・投資:米国株、高配当株、暗号資産。サイドFIREを目指す。
・座右の銘:勇気は一瞬、後悔は一生。昨日より1mmでも先へ。
・所属:静岡東部ボードゲーム会、リベシティ。
・おもに「ブログ × SNS」の継続ノウハウ、フリーランス情報について発信中!