SNSでの「がんばって」は、勘違いされやすい言葉。注意すべき点とは?

昔の自分

もうすぐ受験だね、頑張って!

昔の自分

明日のテストがんばって!

と、塾講師であるボクは、よく生徒に声をかけていました。

しかし今は、ちょっと違った声援を送るようにしています。

また、特にLINEなどのSNS上では、基本的に「がんばって」は使いません。

  • それは なぜか?
  • では、どんな言い方をしているのか?

そのような事を、今回は取り上げてまいります!

「がんばって」は他人事?

まず、SNSは基本的に「文字だけ」のやり取りです。

相手の表情や状況など、一切わかりません。

そのため、つねに誤解が生まれやすい状態となっています。

そこで試しに、以下のような文を見てみましょう。

Tommy

勉強がんばって

なんか怖くないですか?笑

ほんとに応援してくれてる?みたいな。

他人事のようにも感じますね。

ビックリマークや絵文字があればいいのですが、付けずに送る人も たくさんいます。

いまの若い人は、めんどくさいからか付けないことが多いみたいです。

Tommy

ぼくの友達も あまり付けない派が多いので、たまに焦ります…笑

そして、先ほどの「がんばって」という言葉。

例えビックリマークなどを付けたとしても、状況によっては他人事のように感じられますね。

「がんばろう!」がベスト

では、このように言い換えてみましょう。

Tommy

勉強がんばろう!

そうすると、応援されている気に きちんとなりますよね。

寄り添ってくれていると感じますよね。

なので最近のボクは、この言葉を使って生徒に声をかけるようにしています!

上手に活用するためには?

以上、この記事の内容をまとめると、

Tommy

「がんばって」ではなく「がんばろう!」を使ってみよう!

でしたが、いかがだったでしょうか?

最後に、この言葉は「相手と同じような状況にある」からこそ使えるものです。

自分がそれで頑張っていなければ、声がかけづらいでしょう。

そういったときは、「自分も〇〇で頑張るから…」を付け足すといいですよ!

人は、はじめに言われた「理由」よりも「結論」を重視する特徴があります。

そのため、最悪〇〇の部分は何を言っても大丈夫です!笑

それはそれで面白くなりますしね。

Tommy

最後までお読みいただき、ありがとうございました!