このブログでは、テーマ「STORK19」を使用しています!

【Swapper 3.0.15】古くて重いAndroid端末をグーンと軽くする3つのコツ

Tommy

だいぶスマホ(タブレット)の動きが遅くなってきたな…

Tommy

そろそろ替えどきか?

…なんて考えている そこのあなた、ちょっと待ってください。

とみぃ

それ、まだまだ持ちますよ!

実践すれば、一気に動作が改善するコツ。

それが3つありますので、ご紹介いたします!



不要アプリやキャッシュの削除

すでに実践済みかもしれませんが…

もし使っていない不要なアプリが たくさん溜まっている。

だとしたら、それをアンインストールすることから始めましょう!

動作が遅くなっている原因。

それは、

  • スマホ(タブレット)の容量が残り少ないから。

かもしれません。

とみぃ

ひょっとしたら、これだけで改善してしまうかも?

特にゲームアプリは、500MB~1GBと莫大なデータサイズを必要とします。

まずは、ここから消していくと良いでしょう。

また、実は「LINE」アプリも ずっと使用していると、かなりのメモリを消費します。

Tommy

僕も、しばらく放置していたら「1GB」も溜まっていました!笑

その原因としては、

  • トーク履歴
  • ダウンロードされたスタンプ
  • 次回の読み込みを早くするためのキャッシュ

などで、どんどん溜まっていくから。

  • 過去のトーク履歴を消す。
  • スタンプ整理を行う。

この行動を、ときどき行いましょうね!

とみぃ

それでも改善されない部分があるので、年に1回は「正しい方法でのアンインストール」にトライです!

事前準備と3つのコツ

さて、前置きが長くなってしまいましたが…

いよいよ「Androidを一気に軽くする3つのコツ」へと移っていきます。

では まず、以下の手順で事前準備を。

  1. 「設定」アプリを開く。
  2. 1番下にある「デバイス情報」をタップ。
  3. 1番下にある「ビルド番号」を7回タップ。

※機種によっては、場所や名称が異なります。

アプリ内で「ビルド番号」と調べても出てきます!

さて、これでAndroid中・上級者向けツールが使えるようになりました!

さらに続きます。

  1. 1ページ戻って「システム」をタップ。
  2. 「詳細設定」⇨「開発者向けオプション」の順でタップ。

今までは、表示されていなかったはずです。

それが さっきのアクションで出現しました!

これで準備完了です。

とみぃ

いざコツ(改良)の実践へ!笑

①「プロセスの上限」の変更

  1. 「開発者向けオプション」の1番下らへんに移動。
  2. 「バックグラウンドプロセスの上限」をタップ。
  3. 「標準の上限」から「上限:4」へ変更。

Androidアプリは、裏で勝手に「最大20個」も作動しています。

それを「最大4個」としてあげる作業でした。

スマホやタブレットの電源オフ・再起動によって、この設定は元へと戻る⇨再設定が必要です。

②「スケール」3項目の変更

  1. 「開発者向けオプション」の真ん中らへんに移動。
  2. 以下3項目をすべて「オフ」もしくは「.5x」へ変更。
  • ウィンドウアニメスケール
  • トランジションアニメスケール
  • アニメーター再生時間スケール

これは、Androidを内部的に軽くするものではありません。

正式には「軽く見せる」ものになります。

なので、メモリなどの容量は変わっていないでしょう。

ただ、サクサク動くようになったはずです!

「オフ」か「.5x」にするかは完全に好みの問題なので、お任せします。

とみぃ

ちなみに僕は、「.5x・オフ・.5x」の順で設定しています!

③「仮想メモリ」の設定

さて、上記2つのコツで、もう十分スピーディーになったはずです。

ただ、かなり古いAndroid端末であれば、まだまだ重く感じるかもしれません。

そこで、設定に時間を要しますが、もう1つご紹介します!

こちらの方法は、先ほどの「開発者向けオプション」は使用しません。

  1. ブラウザで「Swapper 3.0.15」と検索。
  2. 1番上に表示されているであろう「Android用のSwapper APKをダウンロード…」をタップ。
  3. 「ダウンロードAPK」をタップ⇨ダウンロード。

※「身元不明アプリのダウンロードを許可しますか?」等の表示が出てきた場合は、「はい」や「許可」をタップしてください。

ダウンロードが完了。

そしたら、通知バーか「ファイル」アプリに そのファイルがあるはずです。

そちらをタップすることによって、アプリ自体のダウンロードが可能です。

完了したら、次へと進みましょう!

  1. アプリを開き、1番上にある「Active Swap on Boot」をチェック。
  2. 「CHOOSE SWAP DIRECTORY」⇨「+」ボタン⇨「swapper」フォルダを自作⇨選択。
  3. 「Swap File Size(in MB)」に以下の値を入力⇨「SAVE」をタップ。
  • 端末のRAM(メモリ)が2GB:「1024」
  • 3GB:「1536」
  • 以降、512MBずつ増加。

※RAMは、自分が持っている端末名をネット検索することで分かります。例:Xperia 10 Ⅱ RAM

Swapper 3.0.15

画像は「4GB」パターンです。

これで、すべての設定が終了です。

とみぃ

お疲れ様でした!


まだまだ追求したい方のために

以上、古くて重いAndroid端末をグーンと軽くする3つのコツとは、

  1. 「バックグラウンドプロセスの上限」を変更。
  2. 「スケール」3項目を最適化。
  3. アプリを用いた「仮想メモリ」の設定。

でしたが、いかがだったでしょうか?

とみぃ

めちゃくちゃ快適になりましたよね?

ちなみに「Swapper」アプリと同様に、

  • 「System Repair for Android 2019」アプリ

こちらをインストールし使用すると、さらに快適になります。

ボクも、これら すべての方法を実践。

そのおかげで、2013年製のタブレットを今でも普通に使っています!

また、最近スマホの機種変更をしたのですが…

そちらでも設定を行いました!

まだ古く重くなっていない端末にも有効だからです。

そして、ここまでの情報すべて。

Androidユーザー「全員」が知り、試してほしいモノでもあります。

ぜひ、多くの方にシェアをしていただけると嬉しいです!

とみぃ

最後まで お読みいただき、ありがとうございました!

あなたにオススメの一冊

この記事をシェアして、同じく悩んでいる人を助けよう!