はじめての暗号資産は「Coincheck」がオススメ!

【Swapperアプリ】古い・重いAndroid端末をグーンと軽くする3つのコツ

blank
Tommy

だいぶスマホ(タブレット)の動きが遅くなってきた…

blank
Tommy

そろそろ替えどきか?

スマホは3~4年ほど。

バッテリーは「約2年」が寿命。

そう一般的に言われています。

blank

なので使い古すほど…

動作が遅く、アプリが落ちやすくなります。

しかし、

blank
Tommy

1つのものを長く使いたい!

という方もいるでしょう。

そこで、

  • 実践すれば一気に改善する3つのコツ。

が存在しますので、ご紹介いたします!

blank

不要アプリやキャッシュの削除

まず本題に入る前に…

もし使っていない不要なアプリが溜まっている。

そしたら、

  • アンインストールすること。

から始めましょう!

動作が遅くなっている原因。

それは、

  • スマホ(タブレット)の容量が残り少ないから。

かもしれません。

blank
とみぃ

ひょっとしたら、これだけで改善してしまうかも?

とくにゲームアプリは、

  • 最大1GB

と、莫大なデータサイズを必要とします。

IDとパスワードさえ残しておけば…

仮にアンインストールしても復活できる。

そういったものも増えているので。

※ 表示されない場合は「再読み込み」を。

また、ゲームアプリだけでは ありません。

じつはTwitterやLINEなど。

各種「SNS」も、かなりのメモリを消費しています。

blank
Tommy

僕なんて、しばらく放置していたら「1GB」も溜まっていました!笑

その原因としては、

  • トーク履歴。
  • ダウンロードされたスタンプ。
  • 次回の読み込みを早くするためのキャッシュ。

など、どんどん溜まっていくから。

なので、

  • 過去のトーク履歴を消す。
  • スタンプ整理を行う。

などの行動を、定期的に行いましょうね!

blank
とみぃ

それでも改善されない部分は、バックアップからの「アンインストール」を!

設定アプリより「ストレージを消去」でも、同様の効果が得られます。

軽量化の事前準備と3つのコツ

さて、前置きが長くなってしまいましたが…

いよいよ、

  • Androidを一気に軽くする3つのコツ。

へと移ります。

では まず、以下のステップによる事前準備を。

  1. 「設定」アプリを開く。
  2. 1番下にある「デバイス情報」をタップ。
  3. 1番下にある「ビルド番号」を7回タップ。

機種によっては、場所や名称が異なります。

blank
とみぃ

アプリ内で「ビルド番号」と調べても、一発で出てくるはず!

この時点で、

  • Androidの中・上級者向けツール

が使えるように なりました!

さらに続きます。

  1. 1ページだけ戻る。
  2. 「システム」をタップ。
  3. 「詳細設定」⇨「開発者向けオプション」の順でタップ。

こちら、今までは表示されていなかったはず。

そんな機能を出現させました。

これで準備完了です。

blank
とみぃ

いざ3つのコツ(改良)の実践へ!笑

①「プロセスの上限」の変更

Androidアプリ。

じつは裏で、勝手に「最大20個」も動いています。

あまりに多すぎると…

もちろん動作に悪影響を及ぼします。

そこで以下の手順によって、

  • 最大4個まで

に変更します。

  1. 「開発者向けオプション」の1番下らへんに移動。
  2. 「バックグラウンドプロセスの上限」をタップ。
  3. 「標準の上限」から「上限:4」へ変更。

スマホやタブレットの電源オフ・再起動によって元に戻るので、再設定が必要。

②「スケール」3項目の最適化

次に、Android内部を軽くするもの。

そうではなく、

  • 動作を軽く「見せる」もの。

に なりますが…

以下の手順で設定していきます。

  1. 「開発者向けオプション」の真ん中らへんに移動。
  2. 「ウィンドウアニメスケール」をオフに変更。
  3. 「トランジションアニメスケール」や「アニメーター再生時間スケール」も同様。

メモリなどの容量。

こちらは一切、変わっていないでしょう。

ただ、サクサク動くように なったはずです!

blank
とみぃ

オフでは逆に早すぎるという場合、「.5x」設定がオススメ!

③「仮想メモリ」の設定

また、別のアプリを用いることによって…

さらなる高速化を目指せます。

この方法では、先ほどの「開発者向けオプション」は使用しません。

その手順は以下に。

  1. ブラウザで「Swapper 3.0.15」と検索。
  2. 1番上に表示されるであろう「Android用のSwapper APKをダウンロード…」をタップ。
  3. 「ダウンロードAPK」をタップ。

もし「身元不明アプリのダウンロードを許可しますか?」等の表示が出てきた場合は、「はい」や「許可」をタップ。

ファイルのダウンロードが完了。

そしたら、

  • 通知バー
  • 「ファイル」アプリ

などに表示されるので開きます。

これで、アプリ自体のダウンロードが可能です。

blank
とみぃ

インストールが完了したら、次へと進みましょう!

  1. アプリを開き、1番上にある「Active Swap on Boot」をチェック。
  2. 「CHOOSE SWAP DIRECTORY」⇨「+」ボタンの順でタップ。
  3. 「swapper」フォルダを自作し、選択する。
  4. 「Swap File Size(in MB)」に値を入力。※
  5. 「SAVE」をタップ。

※ 入力値については、以下の表を参考に。

端末のRAM(メモリ)入力値
2GB1024
3GB1536
4GB2048
それ以降512MBずつ増加

RAMは「Xperia 10 Ⅱ RAM」など、自分が持っている端末名をネット検索することで分かります。

Swapper 3.0.15
メモリ4GBの場合

これで、すべての設定が完了です。

blank
とみぃ

お疲れ様でした!

まだまだ追求したい方のために

以上、古い・重いAndroid端末をグーンと軽くする3つのコツとは、

  1. 「バックグラウンドプロセスの上限」を変更。
  2. 「スケール」3項目を最適化。
  3. アプリを用いた「仮想メモリ」の設定。

でしたが、いかがだったでしょうか?

ちなみに「Swapper」アプリと同様、

  • 「System Repair for Android 2019」アプリ

をインストールし使用すると…

さらに快適になります。

その名の通り、システム修復を行ってくれるので。

僕も おかげで、

  • 2013年製のタブレット

を今でも普通に使っています!

また、まだ古く重くなっていない端末。

最新スマホにも有効です。

blank
とみぃ

ぼくは機種変更したら、すぐに設定しています!笑

ここまでの情報すべて。

Androidユーザー「全員」に知ってほしい。

試してほしいモノでもあります。

ぜひ、多くの方にシェアしていただけたら嬉しいです!

blank
とみぃ

最後まで お読みいただき、ありがとうございました!

今からココから始まる暗号資産!

① Coincheck

blank

アプリが見やすく使いやすい、初心者に優しい国内取引所。

② GMOコイン

blank

口座開設から各種手数料まで、すべて「無料」の国内取引所。

③ Bybit

blank

日本で扱われていない暗号資産(仮想通貨)や、お得なイベントが盛りだくさんの海外取引所。

すべて当ブログ内の記事に飛びます。

そもそも暗号資産とは?という方へ!

blank
とみぃ

ぼくが全力で書き上げた「Brain記事」です!