【永久保存版】古くて重いAndroid端末を一気に軽くするコツ3選

昔の自分

だいぶスマホ(タブレット)の動きが遅くなってきたな…

昔の自分

そろそろ替えどきか?

なんて考えている そこのあなた、ちょっと待ってください。

そのスマホ(タブレット)、まだまだ持ちますよ!

今回ご紹介するコツを実践すれば、一気に動作が改善しますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

まずは不要なアプリの削除(アンインストール)

すでに実践済みかもしれませんが、もし使っていない不要なアプリが たくさん溜まっているのであれば、それをアンインストールすることから始めましょう!

スマホやタブレットの容量が残り少ないことが原因で、動作が遅くなっているのかもしれません。

これを確保することによって、それだけで改善してしまうこともあるのです。

特にゲームアプリは、500MB~1GBと莫大なデータサイズを必要とするものが多いです。

まずは、ここから消していくと良いでしょう。

また、実は「LINE」アプリも、ずっと使用していると かなりのメモリを消費します。

Tommy

僕もしばらく放置していたら、気づくと1GBも溜まっていました!笑

トーク履歴やスタンプのダウンロード、次回の読み込みを早くするためのキャッシュ等で、どんどん溜まっていくそうです。

ですので、ときどき履歴を消したり、スタンプ整理を行うこと。

それでもユーザーデータ分は改善しないので、年に1回は「正しい方法でのアンインストール」を試してみるといいですよ!

紹介するコツの事前準備

さて、前置きが長くなってしまいましたが、いよいよ「Androidを一気に軽くするコツ3選」へと移っていきます。

突然ですが、これからあなたはAndroid開発者となって、端末を改造していくこととなります。

もし仮に不具合などが起きたとしても、一切の責任を負わないこととします。

そのため、同意していただける方のみ、先へと進んでいきましょう。

Tommy

と言ってもボクも実践していますし、初めて設定してから数年たった今も、一度も不具合など起きていませんので大丈夫ですよ、きっと!

ではまず、以下の手順で事前準備をお願いします。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 1番下にある「デバイス情報」をタップ
  3. 1番下にある「ビルド番号」を”7回”タップ

※機種によっては、場所や名称が異なります。

これでAndroid 中・上級者向けのツールが使い放題になりました!

さらに続きます。

  1. 1ページ戻って「システム」をタップ
  2. 「詳細設定」→「開発者向けオプション」の順でタップ

今までは、このオプションが表示されていなかったのですが、さっきのアクションで出現しました。

これで準備完了ですので、いざコツ(改造)を実践していきましょう!

【コツ1】「プロセスの上限」の変更

  1. 「開発者向けオプション」を開いている状態で、1番下らへんに移動
  2. 「バックグラウンドプロセスの上限」をタップ
  3. 「標準の上限」から「上限:4」へ変更

Androidアプリは、裏で勝手に「最大20個」も作動しています。

それを「最大4個」としてあげる作業でした。

スマホやタブレットの電源オフや再起動によって、この設定は元へと戻ってしまいます。そのため、「毎回設定し直す」か「ずっと付けっぱなし」にしましょう。

【コツ2】「スケール」3項目の変更

  1. 「開発者向けオプション」を開いている状態で、真ん中らへんに移動
  2. 以下3項目をすべて「オフ」もしくは「.5x」へ変更
  • ウィンドウアニメスケール
  • トランジションアニメスケール
  • アニメーター再生時間スケール

これはAndroidを軽くするという内部的な機能ではなく、正式には「軽く見せる」ものになります。

ですので、メモリなどの容量は変わっていませんが、サクサク動くようになったはずです。

また、「オフ」か「.5x」にするかは完全に好みの問題なので、お任せします。

Tommy

ちなみに僕は、古いタブレットには前者を、スマホには後者を設定しています。

【コツ3】「仮想メモリ」の設定

さて、上記2つのコツで、もう十分かるく早くなったはずです。

ただ、かなり古いAndroid端末であれば、まだまだ重く感じるかもしれません。

そこで、設定に時間を要しますが、もう1つご紹介します!

  1. ブラウザで「Swapper 3.0.15」と検索
  2. 1番上に表示されているであろう「Android用のSwapper APKをダウンロード…」をタップ
  3. 「ダウンロード APK」をタップしてダウンロード

※「身元不明アプリのダウンロードを許可しますか?」等の表示が出てきた場合は、「はい」や「許可」をタップしてください。

ダウンロードが完了したら、「ファイル」アプリか通知バーにファイルがあるはずです。

その準備ができたことを確認したら、次へと進みましょう。

  1. ファイルを開き、アプリをインストール
  2. アプリを開き、1番上にある「Active Swap on Boot」にチェックを入れる
  3. 「CHOOSE SWAP DIRECTORY」をタップし、「+」ボタンより「swapper」フォルダを作成する
  4. 「Swap File Size(in MB)」に以下の値を入力し、「SAVE」をタップ
  • 端末のRAM(メモリ)が2GB⇒「1024」
  • 3GB⇒「1536」
  • 4GB⇒「2048」
  • 以降、512MBずつ増加

※RAMは、自分が持っている端末名をネット検索することで分かります。例:Xperia 10 Ⅱ RAM

これですべての設定が終了です。

お疲れ様でした!

まだまだ追求したい方のために

以上、古くて重いAndroid端末を一気に軽くするコツとは、

  1. 「バックグラウンドプロセスの上限」の変更
  2. 「スケール」3項目の変更
  3. アプリを用いた「仮想メモリ」の設定

でしたが、いかがだったでしょうか?

さらに、「Swapper」アプリと同様に「System Repair for Android 2019」アプリをインストールし使用すると、とんでもなく快適になります。

僕もこれらすべての方法を実践し、2013年製のタブレットを今でも普通に使っています。

また、最近スマホの機種変更をしたのですが、そちらでも設定を行いました。

まだ古く重くなっていない端末にも有効ですので、ぜひ設定していただきたいです。

そして、Androidユーザー「全員」に知っていただきたい、試してほしい情報でもあります。

ぜひ、多くの方にシェアをしていただけると嬉しいです!

Tommy

最後までお読みいただき、ありがとうございました!