心理学で解説!受験勉強のやる気アップにつながる5つの行動

昔の自分

勉強のやる気が まったく出ない…

昔の自分

もうすぐ受験なのに…

こういったこと、ありますよね。

僕もそうでしたもん…

勉強しなきゃ!と思うほど、カラダに重りをつけているかのような感覚に陥るんですよね。笑

ただ、いろいろと調べた結果、これを解決へと導いてくれる方法が いろいろとあるようです。

その中から特に、自分が試してみて効果的だったこと、科学的に証明されていることを5つピックアップして、今回ご紹介します!

【行動1】目標や課題を「細分化」する

まず人間の脳は、すぐに「やらない理由」を探してしまう傾向にあります。

また、物事の明確なゴールが想像できないと、不安になりやすいです。

行動へと移せない原因は、これらにあります。

つまり、人間であれば誰もが こういった性質を持っており、やる気の出ない自分と常に葛藤しているのです。

このことを知れただけでも、なんか安心できませんか?

Tommy

周りの人はどうなんだろうか…と、特にこの時期は気にしがちですもんね。

じゃあ、どうすればいいのか?というお話です。

これから何をすべきか しっかりと決まっていない、アバウトすぎるのが良くないのです。

なので、やるべき課題を小さく「細分化」してあげましょう!

例えば、参考書1冊すべて解くことを直近の目標としているのであれば、「今日は5ページやろう!」と。

単語2000語を覚えようとしているのであれば、「今日は最低10個は覚えよう!」としてあげるのです。

すると、きちんと今やるべきことが明白となったので、脳が不安がらず行動へと移しやすくなります。

Tommy

ちなみに、こういった作業のことを「チャンクダウン」と言うんですよ!

【行動2】とにかく「1分」だけやってみる

こんな経験ありませんか?

  • ちょっとだけゲームしよう⇒1時間たっていた
  • あと1分だけ寝かせて…⇒寝坊して急ぐ羽目に

まあ、「ちょっとだけ」「1分だけ」では終わりませんよね。

ただ、これは勉強や仕事でも一緒です!

1度 始めてしまえば、キリのいいところまで進めたい。

逆にキリが悪いと、なんかムカついてくる…なんて現象が起こります。笑

Tommy

「ツァイガルニク効果」って言うんですけど。

また、なぜか やる気がどんどん上がってくるんですよね!

そのままゾーンに入って、数十分、数時間たっていたという経験もあるはずです。

よくある例として自転車を漕ぐとき、はじめの1蹴り目は なかなか重いはずです。

でも、しばらく漕いでいたら軽くなりますし、なんなら漕がなくても進むようになります。

何事も「初めが肝心」なんですよ!

なので、小さく1歩1歩ベビーステップを踏むように、物事にチャレンジしていくと良いのではないでしょうか。

【行動3】場所を変える

さて、突然ですが問題です。

学生がもっとも勉強に集中しにくい場所とは、どこでしょうか?

もちろん、とんでもなく騒がしいところや勉強に適さない場所などは抜きで、お考えください。

Tommy

思い浮かびましたか?

はい、では正解を。

実は、学生がもっとも勉強に集中しにくい場所とは「家」だそうです!

まあ、そうですよね。

テレビやゲーム、マンガなどの誘惑がありますし、悪い意味での安心感もあります。

家族がいて、いろんな音もしますしね。

ですので、図書館や自習室、カフェなどに行くことをオススメします!

そこなら静かに集中して、勉強に取り組むことができます。

個人差はありますが、基本的には他人がいる環境だと、きちんと自分を律する意識が働くからです。

また、同じような目的を持った人たちがいて、刺激を受けることができます。

このように、「場所を変えること」も1つの手ですよ!

【行動4】アップテンポな曲を聴く

ちなみに実は、家でも集中できる方法があります。

それは、「身の回りにモノを置かないこと」です。

誘惑を排除するということですね。

できるビジネスマンや東大生には、そのように工夫している人が多いそうですよ!

また、やる気を上げる目的としては、アップテンポな曲を聴くのがオススメです。

行動を阻害するようなことを考えなくなる。

そして、気分も良くなるはずだからです。

Tommy

自分の好きなアーティストだと、なお良しです。

ぼくも朝おきてすぐ、それから出勤時に聞いて、やる気をぶち上げています!笑

ただ、勉強をスタートしてからは、集中できなくなるのでNGです。

その代わり、勉強用BGMやクラシックなど、歌詞のない曲を聴くといいですよ!

【行動5】筋トレをする

そして最後に、ぜひ「筋トレ」をしてください!

勉強するのに筋トレ?と思うかもしれませんが、はい、ぜひしてください。

筋トレをすると、以下5種類の「脳内麻薬」が分泌されます。

  • テストステロン
  • セロトニン
  • ドーパミン
  • ノルアドレナリン
  • エンドルフィン

やる気や幸福感のアップにつながる物質たちです。

必要ですよね。

また、勉強前の「たった2分」の運動で脳が活性化し、学習能力や記憶力が向上する研究結果もあります。

つまり、筋トレは筋肉はもちろん、心や脳をも鍛えることができる最強のソリューションなのです。

ぜひぜひトライしてみましょう!

習慣化できれば最強!

以上、受験勉強のやる気アップにつながる5つの行動とは、

  1. 目標や課題を「細分化」する
  2. とにかく「1分」だけやってみる
  3. 場所を変える
  4. アップテンポな曲を聴く
  5. 筋トレをする

でしたが、いかがだったでしょうか?

これら全てやればもちろん、1つでも実践すれば必ず変わります。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

また、朝おきたら…帰ってきたら…など、○○したら勉強するよう習慣づけることができれば、苦ではなくなるので最強」です!

Tommy

ぼくは朝のルーティンを終えたら韓国語の勉強をする!と決めて、今でも毎日しています。

化粧や髪セット、歯磨きなど、本来めんどくさいはずのことを毎日できるのは、習慣化しているからです。

逆に、これらをしないことがあると、気持ち悪く感じるはずです。

ただし習慣化するためには、同じことを最低でも「2週間」続ける必要があります。

ですが、こちらにもチャレンジできるといいですね!

Tommy

最後までお読みいただき、ありがとうございました!