【現役塾講師が伝授!】勉強の教え方「たった1つのコツ」とは?

以前のボク

なかなか生徒が理解してくれない…

以前のボク

なんで伝わらないんだろう?

いまも正直、思うときはあります。

しかし、あるコツのおかげで かなり減りました。

むしろ、その場で「分かりやすい」と言ってもらえるまでになりました!

  • そのコツとは何なのか?

この記事に辿り着いた「あなた」にだけ、そっとお教えします!笑

物事を「3行」以内で伝える

結論から先に申し上げます。

どんなことも「3行」以内にまとめて伝えましょう!

そうすれば、自然と相手は理解してくれるはずです。

ぼくは授業中、例題を言葉として説明してから、生徒に問題を解かせるスタイルを取っています。

(科目は、数学が多いです。)

以前は、説明したらすぐ「じゃあ、問題を解いてみよう!」と行っていました。

しかし、それだと授業が淡々と進み、ツマラナイものになりやすいんですよね。

とみい

自分が受ける側だったらイヤですもんね…笑

そのことに気づいてからは、いろいろと工夫をしてみました。

その中でもとくに今も行っている、説明後の「3行まとめ」が1番 効果があったように思います。

  1. 例題を解説
  2. 「3行」にまとめて再度説明
  3. 問題にトライ

こんな流れを取り入れたら、生徒の理解度が明らかに深まりました!

とみい

このブログでも毎回「3行まとめ」は行っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

心理学用語「マジカルナンバー」とは?

では、なぜ「3行」なのか?

それは、人が短期間で覚えられるものは最大「4±1個」と、研究で分かっているからです。

例えば、「以下のような単語を覚えてください」と言われたら…

  1. りんご
  2. バナナ
  3. いちご

きっと忘れず記憶できるでしょう。

また、ちょっと個数を増やして、

  1. レッド
  2. ブルー
  3. イエロー
  4. ブラック
  5. ホワイト

でも、ギリギリ?覚えられるはずです。

しかし、こちらは どうでしょう。

  • 「7,3,2,1,6,9,4」

数字なので覚えやすいかも?と思いきや、かなり難しいはずです。

電話番号などがコレに当たるのですが、少し経つと忘れてしまうはずです。

これを心理学で「マジカルナンバー」と呼びます。

だからこそ、物事を「3行」または それ以下にまとめて話すことは効果的なのです!

ジェスチャーも大事!

以上、この記事の内容を3行でまとめると、

  • 物事を「3行」以内で伝えると、相手の理解度が深まる
  • 人は「4±1個」までなら短期で覚えられる
  • これを「マジカルナンバー」という

でしたが、いかがだったでしょうか?

さらに、伝えるときは「ジェスチャー」を入れるといいですよ!

手で「1,2,3」とすると、視覚情報も加わるのでね。

ぜひお試しあれ!

とみい

最後までお読みいただき、ありがとうございました!