はじめての暗号資産は「Coincheck」がオススメ!

【暗号資産トレード】たった1年で資金+365%を目指すノウハウ。税金についても!

blank
blank
Tommy

短期トレードしてみたいな…

blank
Tommy

よしっ、暗号資産でトライしてみよう!

ぼくは2022年より、

  • 暗号資産トレード

を開始しました。

暗号資産:仮想通貨のこと。2019年の法改正で、呼び方がコチラに変更された。

blank
とみぃ

その状況は、Twitterに投稿しております!

そして、あるルールに則って取引しているので…

負ける可能性は限りなく低いです。

暗号資産が、この世から消えない限り。

では、

  • そのルールとは?
  • 購入しているタイミングは?
  • 税金は どうなるの?

などの質問に、回答してまいります!

さっそく世界最大級の取引所でトレード!

blank

「3%ルール」で取引する

トレード初心者に あるあるなんですが…

自分のルールを、

  • 作らない。
  • 守らない。

ことによって負けることが多々あります。

逆に、作って守る。

これだけで勝率アップします!

そこでボクが決めたルールとは、

  • 3%上がったら利確する。

というシンプルなもの。

blank
とみぃ

その名も「3%ルール」です!

1年間で資金4〜5倍を目指せる!

では、なぜ「3%」で利確なのか?

それなりの根拠が あります。

まず1つ。

暗号資産であれば…

そういった機会が たくさん訪れるから。

blank
とみぃ

まだまだボラティリティが激しいので!

ボラティリティ:価格変動の激しさを表すパラメータ。略して「ボラ」とも言う。

そして、もう1つ。

じつは「複利の力」によって、

  • 1年間で資金4〜5倍を目指せる。

からです。

例えば、トレードは週1回と仮定します。

1年は「約52週」です。

すると、

  • +3%の52乗=+365%。

という結果に なります。

これは、原資の「4.65倍」を意味します。

blank
とみぃ

週1トレードで この結果なら…笑

投資として手堅い、

  • インデックス投資

とは比にならないリターンです。

あのFXでさえも。

しかし、もちろん相応のリスクが あります。

そのため、

  • 余剰資金

ならアリではないかと考えております。

世界最大級の取引所でトレードしよう!

blank

ライントレード手法を学ぶべし

ところで、むやみやたらと購入する。

それはNGです。

負けやすくなるので。

では、どうすればいいか?

いろんな手法やタイミングが ありますが…

ぼくは「ライントレード」が。

とくに、

が好きです。

それらを学ぶしかありません。

もちろん本や教材なども存在しますが…

ぼくは、

のYouTube動画から学ばせてもらっています!

現状は「雑所得」だが改正されるかも?

さて無事、

  • トレードに成功した。
  • 利益が出た。

ならば、今度は「税金」について考えなければなりません。

暗号資産の場合、

  • 雑所得

に分類されます。

こちらは「累進課税」です。

給与所得などと合算して、税率が決まります。

所得金額税率控除額
1,000〜1,949,000円5%0円
1,950,000〜3,299,000円10%97,500円
3,300,000〜6,949,000円20%427,500円
6,950,000〜8,999,000円23%636,000円
9,000,000〜17,999,000円33%1,536,000円
18,000,000〜39,999,000円40%2,796,000円
40,000,000円以上45%4,796,000円
参照元:No.2260 所得税の税率|国税庁

計算例は以下です。

例として、給与所得が500万円で仮想通貨の利益が300万円の場合、所得税がいくらになるのか計算してみましょう。

▼給与所得にかかる税金

給与所得500万円に仮想通貨の利益が300万円加わり、所得合計は800万円に。

基礎控除38万円を最低限考慮すると、下記の税金を支払う必要があります。

(800万円-38万円)×0.23-(控除)63万6000円=111万6,600円

※他にも控除がある場合は減額されます。

引用元:仮想通貨で出た利益は雑所得に。税金の計算方法と確定申告は? | 経営者から担当者にまで役立つバックオフィス基礎知識 | クラウド会計ソフト freee

これに加えて、

  • 住民税10%

が上乗せされます。

つまり、大きく稼ぐと「半分ほど」取られてしまいます。

blank
とみぃ

このせいで、利確するタイミングに迷ってる…笑

ただ最近、

  • 一律20%にする。

という話が濃厚に なっているようです。

そうしないと海外へ、優秀な人材や企業が逃げてしまう。

世界に遅れをとってしまうので。

blank
とみぃ

今年こそ改正されるよう一緒に祈りましょう!

また、どのような利益額でも、

  • 住民税の確定申告。

は現状、必須と なっています。

ただし、

  • 給与所得の受け取りが1社のみ。
  • 利益が20万円を超えない(扶養されている方は33万円)。
  • 年末調整されている。

であれば「必要ない」とのこと。

blank
とみぃ

現在フリーランスとして活動しているので、ここら辺も勉強中!

塩漬けすることも加味してトレード

以上、この記事の内容を3行で まとめると、

  1. ぼくは「3%ルール」や「ライントレード手法」で、暗号資産の短期トレードを行っている。
  2. 1年間で資金4〜5倍を目指せるから。
  3. 現状は「雑所得」扱いだが改正されるかも?

でしたが、いかがだったでしょうか?

ちなみに冒頭で、

  • 暗号資産が無くならない限り、ほぼ負けない。

みたいな記述しました。

その理由。

仮に価格がダウンしても、利確せず持ち続けるから。

売らなければイイんです。

きっと いつか上がると信じて。

この状態を「塩漬け」と言います。

国内取引所。

例えば、Coincheckに あるようなメジャーな通貨であれば…

厳しい審査に合格しています。

つまり、

  • 将来的に上がりやすいもの。
  • 信頼性のあるもの。

です。

だったら最悪、持ち続けることになってもokなはず。

blank
とみぃ

始めから「余剰資金」としてスタートしていますし!

ただし、

  • 国内取引所は手数料が高い。

です。

なので、トレード自体は海外取引所で。

例えば「Bybit」で行うことをオススメします!

いますぐ「無料」で登録しよう!

blank
とみぃ

最後まで お読みいただき、ありがとうございました!

あなたにオススメの1冊を選びました!