はじめての暗号資産は「Coincheck」がオススメ!

【NFTゲーム】不安・心配な税金計算を「99%セーフ」にする記帳方法

blank
Tommy

NFTゲームで稼げた!

blank
Tommy

税金計算って、一体どうするの?

ぼくは、

  • 5KM
  • STEPN
  • Titan Hunters

など、様々なものに触れています。

とくに2022年より。

そこで気になるのが「税金」について。

ある程度 稼ぐことができたら…

確定申告からの納税をしなければなりません。

しかし、所得や経費など。

どういったものが含まれるかは曖昧です。

そこで今回、

  • ぼくが実践している99%セーフな記帳方法。

について、ご紹介いたします!

この方法で確定申告するつもりですが、不安な方は税理士さんに ご相談を。

口座開設から各種手数料まで全部0円!

blank

基礎知識についてカンタンに

まず、

  • 暗号資産の税金に関する基礎知識。

について。

以下の記事に まとめています。

blank

カンタンには、

  1. 暗号資産により得た利益は「雑所得」扱いで、累進課税・住民税に注意。
  2. 1日あたりに得た「利益・損失・経費」などを、すべて事細かに計算しておく必要アリ。
  3. ちょっとくらい税金が多くなってもイイなら高く見積もり、だいたいで記録するのもOK。

という3点です。

シンプルな記帳が成功のカギ?

ところで先ほど、

  • 利益
  • 損失
  • 経費

と挙げましたが…

NFTゲームでは、どれがどれに当てはまるのか。

その判断が難しいです。

さらに、ここを間違えてしまう。

すると、

  • 過少申告

の恐れが生じます。

なので、

blank
Tommy

絶対にミスできないじゃん…

と思うかもしれません。

しかし大丈夫です。

ダメなのは「過少申告」のみ。

ぜんぜん多く払う分には構いません。

そこで、記録しておくべきもの。

そちらを、

  • 利益
  • 手数料

のみに変更します。

判断の難しい「経費」は含めない。

これがセーフとなる要因です!

世界最大級の取引所でトレードしよう!

NFTゲームの収支計算・記帳方法

さてNFTゲームには、

  • 5KM
  • STEPN
  • Titan Hunters

など、様々なものが存在します。

これらを元に、

  • ぼくが実践している記帳方法。

を解説します。

STEPNや5KMなどのM2E

まず、STEPNや5KMなど。

巷で、

  • Move to Earn(M2E)

と呼ばれるものに関して。

以下のタイミング・項目で「得た・失われた額」を記帳します。

タイミング項目
報酬(GSTなど)を受け取ったとき利益
スニーカーを修理したとき手数料
ミステリーボックスを開封したとき手数料
異なる通貨へトレードしたとき手数料
※ これらに加えて、価格変動による損益も考慮する。

よく耳にするのが、

  • スニーカーは経費に計上してもいい。

ということ。

しかしNFTという資産は、消えて無くなりません。

また、上記「してもいい」が気になります。

非常に あいまいです。

そのため、購入しただけでは含めない。

これが最適解かと。

さらに、レベル上げに使った暗号資産について。

こちらも経費と言うより、

  • NFTに付加価値をつけた。

と捉えるのが正しいでしょう。

すると同様に、どの項目にも当てはまりません。

とにかく不安なら、

  • 変に経費として計上し、納税額を減らそうとしない。
  • 記帳すべきは、スニーカーを売却して得た利益のみ。

を意識しましょう。

Titan HuntersなどのP2E

次に、Titan Huntersなど。

巷で、

  • Play to Earn(M2E)

と呼ばれるものに関して。

以下のタイミング・項目で「得た・失われた額」を記帳します。

タイミング項目
報酬(TITAなど)をウォレットへ移したとき利益
NFT装備を修理したとき手数料
異なる通貨へトレードしたとき手数料
※ これらに加えて、価格変動による損益も考慮する。

ここで得られるのは、

  • 価格のついていないゲーム内通貨。

であることが多いです。

それは「エアドロップ」と同様。

利益に含めなくていいでしょう。

エアドロップ:ある通貨の保有者に、暗号資産を無料で配布するイベント。その時点では無価値であることが多い。

ただし、

  • 価値ある通貨に交換した。
  • それを利確した。

というタイミングでの収支計算は必要。

また、NFTに関しては先ほどと同様です。

すべて年末に「円転」がオススメ

ところが、その時点で無価値なもの。

細々したものであっても、

  • 1対1交換できる。

として、課税対象になる可能性も あります。

その額が あまりに多いと…

税務調査が入ることに繋がるかもしれません。

そこで、引っかからないように、

  1. すべて年末に「円転」する。
  2. 交換できない分は「円換算」する。
  3. ちょっと多めに記録する。

ことが大切です。

blank
とみぃ

ぼくも、できるだけ年末に「円転」して、記入漏れのないよう注力します!

国内銀行・クレジットカード入金が可能に!

Brainにて収支計算シートを発売中!

以上、この記事の内容を3行で まとめると、

  1. NFTゲームの課税対象は、曖昧なものばかり。
  2. 記帳は「利益・手数料」とシンプルなものに。
  3. すべて年末に「円転」するのがオススメ。

でしたが、いかがだったでしょうか?

あえて納税額を多くする。

そうすれば、税務調査に引っかからない。

なんなら喜ばれるはず。

納めるべき税金が多くなっているので。

しかも こちら側も、

  • 税理士さんへの相談・雇用コスト

を削減できます。

たった数千円とかで。

これは、きっとWin-Winな関係。

blank
とみぃ

だからこそ僕は、この方法でチャレンジします!

ところで、毎日・毎回の記帳。

あちこちに書いていたら不明に なります。

そこで、

  • 収支計算シート

を作成しました。

以下のBrainにて販売中です!

有料では ありますが、

  • お手ごろ価格

に設定しております。

ご活用いただけたら嬉しいです!

blank
とみぃ

最後まで お読みいただき、ありがとうございました!

あなたにオススメの1冊を選びました!