このブログでは、テーマ「STORK19」を使用しています!

一体いつまで?ふるさと納税「ワンストップ特例制度」で申請したので、やり方を分かりやすく解説!

blank
blank
Tommy

ふるさと納税してみた!

blank
Tommy

でも「ワンストップ」による申請は、どうやるの?

ぼくは2020年より、ふるさと納税を始めました。

その理由。

blank
とみぃ

オトクという3文字に弱いから!笑

「納税」という言葉がついているふるさと納税。

実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。

一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。

ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

引用元:総務省|ふるさと納税ポータルサイト|よくわかる!ふるさと納税

上記のように、一般的な寄付は「確定申告」が必須です。

ただ、ふるさと納税は特別。

  • ワンストップ特例制度

が利用できます。

圧倒的カンタンに申請できる制度です。

しかし初めての場合、だれもが不安に思うはず。

blank
Tommy

ほんとに自分で行えるかな?

と。

そのため今回、すでに2回(2年)申請しているボクが、

  • ワンストップ特例制度の流れ
  • 対象者になるための3つの注意点

などを お伝えします!

寄付する自治体により多少、異なる場合が ございます。

はじめての方にも易しくオススメ!

blank

詳しいプロフィールは、画像をタップ!

ワンストップ特例制度の流れ

では早速、

  • ワンストップ特例制度の流れ

は、以下のように なります。

① ふるさと納税サイトで購入

まずは、応援したい自治体を決めます。

いま住んでいる地域「以外」の。

例えば、

  • 家族の出身地。
  • 縁のあった旅行先。

など。

それが決まったら、

  • ふるさと納税サイト

で検索します。

blank
Tommy

その自治体は載っているかな?

と。

もし無事 見つかれば…

普通のネットショッピングのように購入。

複数ある場合は、返礼品を見比べてから選択します。

ところで、

blank
Tommy

応援したい自治体が無い!

という場合も あるはず。

そんなときは、サイト内すべての返礼品を見比べて…

好きなものを選んでOKです!

おすすめサイト&お得に利用できる方

ただ、年間あたりの「寄付上限額」が存在します。

だいたい以下のように なります。

年収寄付上限額
200万円約16,500円
250万円約23,000円
300万円 約30,000円
400万円 約44,000円
500万円 約63,000円
参考:かんたんシミュレーター

ちなみに家族構成や状況は、以下を想定。

  1. 家族構成:独身、扶養家族:いない
  2. 家族構成:既婚、配偶者控除:なし、扶養家族:いない
  3. 家族構成:既婚、配偶者控除:なし、扶養家族:いる(15歳以下が1人)

どのパターンでも、ほぼ同じ結果と なります。

blank
とみぃ

これを超えた分は、ただただ自己負担に なってしまうので要注意!

② ワンストップ特例申請書を記入する

次に、返礼品とは別に

  • ワンストップ特例申請書

などが自宅に届きます。

そちらを記入していきましょう。

その書き方について。

まず、

  • 記入年月日
  • 個人番号(マイナンバー)

を記入します。

また、氏名欄にある「印」に捺印します。

そして、

  • 地方税法附則 第7条 第1項(第8項)に規定する申告特例 対象寄附者である。
  • 地方税法附則 第7条 第2項(第9項)に規定する要件に該当する者である。

これらにチェックすればOKです!

必ず別紙、詳細についての書類も入っています。

blank
とみぃ

自治体により多少 異なりますので、ご確認を!

③ それぞれの自治体へ返送する

最後に、封筒の中を確認すると…

返信用のものが入っているはずです。

そこに、

  • ワンストップ特例申請書
  • 本人確認書類(コピー)

を入れて返送します。

前者は、先ほど解説したものです。

後者について。

おもに3パターンあります。

  1. マイナンバーカード(裏面・表面)
  2. 通知カード or 住民票+免許証 or パスポート
  3. 通知カード or 住民票+健康保険証&年金手帳など計2点

そのコピーを「専用シート」に貼り付けます。

blank
とみぃ

やはりマイナンバーカードを持っていると、1枚で済むので便利ですね!

はじめての方にも易しくオススメ!

対象者になるための3つの注意点

さて、このワンストップ特例制度。

注意点が あります。

それは、以下の3点を守らないと…

利用することが できなくなってしまいます。

① 申請期限は翌年「1月10日」まで

まず、申請期限があること。

それを意識する必要があります。

その期限とは、

  • 翌年「1月10日」まで。

です。

blank
Tommy

確定申告より2ヶ月も早い!

ただし、それより前で あれば…

いつでも提出可能です。

そのため、

  • 手元に届いたら、すぐに書いて返送する。

と、した方がイイですね!

② 自治体への寄付は5つ以内

また、こんな便利な制度では ありますが…

あまりに多すぎると「対象外」と なってしまいます。

blank
とみぃ

お役所の作業が大変に なるからですかね?

その数は、

  • 5ヶ所

まで。

コツとしては、

  • 1ヶ所あたりの購入金額を高くする。

と最大限、この制度を活用できます!

③ 確定申告は行わないこと

そして、確定申告を行うつもり方。

もちろん利用できませんし…

blank
とみぃ

そもそも、する必要が ありませんね!笑

確定申告の場合でも、かなり「簡素化」されています。

申請する作業が。

例えば、

  • オンラインで完結できる。
  • 証明書を1つに まとめてくれる。

など。

はじめての方にも易しくオススメ!

各種サービスの「ポイント」も貯まる!

以上、この記事の内容を3行で まとめると、

  1. ふるさと納税「ワンストップ特例制度」の流れ。
  2. 対象者になるための3つの注意点について ご紹介!
  3. 寄付する自治体により多少、異なる場合が ある。

でしたが、いかがだったでしょうか?

最後に、この「ふるさと納税」によって、

  • 税金控除
  • 返礼品

をゲットできます。

ただ、もう1点メリットが。

それは、

  • 各種サービスの「ポイント」
  • Amazonギフト券

なども受け取れることです。

例えば、

が貯まる、もらえます!

しかも、

  • 還元率は「1%」を優に超える。

ことも しばしば。

ふるさと納税サイトによっても異なります。

ところで、税金に関して。

少しずつ上がっていくのは明らかです。

おもに「少子高齢化」が原因で。

だからこそ頭を使って、節税していかないと…

どんどん家計は厳しくなっていく一方。

それが難しいサラリーマンでも、

  • ふるさと納税は、平等に許されているカンタン節税方法。

です。

ぜひ有効活用しましょうね!

はじめての方にも易しくオススメ!

blank
とみぃ

最後まで お読みいただき、ありがとうございました!

あなたにオススメの1冊を選びました!

この記事をシェアして、同じく悩んでいる人を助けよう!