【いいね切れ】Twitterの「いいね」が制限される理由と対処法

以前のボク

あれ?ツイートの「いいね」が押せない…

以前のボク

これが「いいね切れ」ってやつか!

「いいね切れ」とは、Twitterの「いいね」を押しても反映されず、跳ね返されてしまう現象です。

先日ついに起こりました。

いつも通り、いや それ以上?押していたら、とうとう制限されてしまいました…笑

では一体なぜ、こんなことが起きるのでしょうか?


「Twitterリミット」が原因?

Twitterでは、それぞれの機能に1日あたりの上限が定められているようです。

現在、システムの仕様として各アカウントに以下のリミットが定められています。

・ダイレクトメッセージ(1日):1日に送信できるメッセージは1,000件に制限されています。

・ツイート:1日あたり2,400件が上限です。1日あたりのツイート数のリミットは、さらに30分単位のリミットに分けられています。リツイートもツイートとしてカウントされます。

・アカウントの登録メールアドレスの変更:1時間に4回までとなっています。

・フォロー(1日):システムの仕様として定められたフォロー数のリミットは1日あたり400件です。これはあくまでも仕様上のリミットであり、これに加えて過剰なフォロー行為を禁止するルールが存在することにご注意ください。

・フォロー(アカウントベース):1つのアカウントでフォローしているアカウント数が5,000件に達した後、さらにフォローを試みた場合、そのアカウントに応じた特定の比率で制限されます。

引用元:Twitterリミットについて

ただ、よく見てください。

この中に「いいね」についての記述がありません。

とみぃ

ということは制限がないはず…

でもないらしく、

  • 短時間に100回
  • 1日に1000回

を目安として、制限されてしまいます。

ただ、ちゃんとした数は公表されておらず、

Twitterでは、利用が集中する時間帯にこのようなリミットを一時的に引き下げる場合があります。

引用元:Twitterリミットについて

とあるように、ときには上限に満たなくても制限されたり…

逆に、超えても制限されなかったりするようです。

リミットを設けている理由

なぜ、このような制限をかけているのでしょうか?

リミットを設けることでTwitterシステムの負担が軽くなり、ダウンタイムやエラーページの発生を抑えることができます。システムの信頼性を維持することを目的に、アカウントの操作に関して以下のような一定の制限が定められています。

引用元:Twitterリミットについて

Twitterの世界ユーザー数は「約3億人」です。

なので、システムダウンしないように設けているんですね!

対処法は「ひたすら放置」

以前のボク

ところで、いつになったら解除されるの?

実は、この件についても公表されていません。

リミットに達した場合、リミットに達したことを示すエラーメッセージが表示されます。時間単位のリミット(ダイレクトメッセージ、ツイート、アカウントの登録メールアドレスの変更、APIリクエストに関するリミット)に関しては、リミットに達した時間帯が終了してから再度お試しください。

引用元:Twitterリミットについて

しかも「いいね切れ」に関しては、エラーメッセージすら来ません。

じゃあ、どうすればいいか?

  • もうとにかく「ひたすら放置」です!笑

制限から24時間たてば、勝手に解除されます。

ただ、「いいね切れ」は数時間です。

とみぃ

ぼくの場合「3時間後」には、気づいたら解除されていました!笑

なので、特にすべきことは ありません。

安心して待ちましょう!

ツイートによる発信を続けよう!

以上、この記事の内容を3行でまとめると、

  1. 「Twitterリミット」による機能制限がある。
  2. システムダウンしないように設けている。
  3. 対処法は「ひたすら放置」でOK!

でしたが、いかがだったでしょうか?

ちなみに、僕は「いいね」をよく押します。

ただ、もちろんツイートもしています!

とみぃ

おはツイのみの日もありますけどね…笑

ただ、もし「いいね」ばかり押し、ツイートがない場合。

スパムアカウントと判断されかねません。

そうすると、めちゃくちゃ制限かけられたり、最悪アカウント停止となります。

なので、

  • ぜひツイートとして発信すること。
  • いろんな方と交流してみること。

で、そう見なされないように。

そして楽しく、Twitterを活用してまいりましょうね!

とみぃ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!