はじめての暗号資産は「Coincheck」がオススメ!

【音声投稿】Twitterアプリにて「ボイスメッセージ」を配信してみた!

blank
Tommy

音声配信してみたいな!

blank
Tommy

でも、スペースとは違うんだよね…

Twitterアプリには、

  • スペース

という機能が標準搭載されています。

blank

リアルタイムでの会話。

これを楽しむものに なっています。

しかし、ボクが行いたいのはコレじゃない。

  • 自分で録音してツイート。

一方向なものを行いたかったんです。

blank
とみぃ

これを練習として、いつかスペースも するつもり!

そこで見つけたのが、

  • 音声メッセージ

という機能。

ちょうど望んでいたことが できそうです。

そして、実際にトライした結果が以下。

blank
Tommy

なんか緊張した!笑

では、どうやって行ったのか?

今回コツなども踏まえて、ご紹介いたします!

blank

「音声メッセージ」機能とは?

まず、

  • 音声メッセージ

機能について。

例えば、

  • 音声メモとして保存。
  • そのままツイートとして投稿。

というように活用できます。

そして、文章を追加することも可能。

なので、

みたいに応用できます。

ただ、「時間制限」のようなものが存在します。

1つの音声ツイートにつき最大で2分20秒間録音できます。

メッセージが2分20秒を超えると、複数のツイートに自動的に分割され(最大25ツイートまで)、スレッドが構成されます。

引用元:Twitterの音声ツイート – 声や音声を使ってツイートする方法
blank
とみぃ

この点だけ気をつければ、1時間くらい配信可能ですね!

やり方はカンタン普段どおりに

次に、その方法について。

普段のツイートと ほぼ同様。

新規より、

  • 音声メッセージ

マークを選べば「録音可能」です。

blank
左下の赤丸部分をタップ。
blank
Tommy

初めてチャレンジしたとき、とても簡単すぎて驚きました!笑

iPhoneは可、AndroidやPCでは不可

さて、ここで1つ問題が。

Twitterでは現在、Twitter for iOSアプリにて、音声メッセージをツイートするオプションをテストしています。

引用元:Twitterの音声ツイート – 声や音声を使ってツイートする方法

こちらの機能。

iPhoneなどの「iOSアプリ」のみ可能です。

逆に、AndroidやPCでは不可と なっています。

blank
Tommy

この点も踏まえて、事業用にはiPhoneを購入しました!笑

配信前にメモの準備をしよう!

以上、この記事の内容を3行で まとめると、

  1. 「音声メッセージ」機能は、Twitter×メモアプリとして活用できる。
  2. やり方は普段どおりとカンタンだが、時間制限だけ注意。
  3. iPhoneなどの「iOSアプリ」は可能だが、AndroidやPCでは不可。

でしたが、いかがだったでしょうか?

最後に、はじめて音声配信する際のコツを。

必ず配信前に「メモ」を取るように しましょう!

  • 話そうと思っている内容。

先に まとめておきます。

なんなら、それを丸読みできるくらいにまで。

すると緊張せず、取り直しも少なく録音できます。

初めてだと、

  • 1人で話している。
  • スマホに話しかけている。
  • 自分の声が うまく録音されない。

などの理由から緊張します。

そして きっと、何度も取り直すことに。

blank
Tommy

ぼくも数回チャレンジした!笑

なので、そうならないためにも。

できるだけ取り直しを減らすためにも、

  • あらかじめ話す内容をメモしておくこと。

は重要です!

また、これは音声配信に限りません。

プレゼンなどの発表前にも活かせる知識です。

塾講師として、その重要性を かなり感じておりますので。

ぜひ頭に入れておいてくださいね!

blank
とみぃ

最後まで お読みいただき、ありがとうございました!

今からココから始まる暗号資産!

① Coincheck

blank

アプリが見やすく使いやすい、初心者に優しい国内取引所。

② GMOコイン

blank

口座開設から各種手数料まで、すべて「無料」の国内取引所。

③ Bybit

blank

日本で扱われていない暗号資産(仮想通貨)や、お得なイベントが盛りだくさんの海外取引所。

すべて当ブログ内の記事に飛びます。

そもそも暗号資産とは?という方へ!

blank
とみぃ

ぼくが全力で書き上げた「Brain記事」です!